トイレ つまり関連情報

HOMEトイレつまりのトラブル解決

最終更新日:2017/11/20

トイレつまりのトラブル解決

お風呂

経年劣化によって排水管に汚れが付着すればトイレのつまりの原因になるため、近頃つまりやすいと感じたら業者に依頼して高圧洗浄をしてもらう方法がおすすめです。特に節水でトイレの水を少ししか流さないことによってつまるケースは多いです。水を流すときの水量には大と小がありますが、トイレットペーパーをある程度使用する状況では大で流すのが基本です。トイレットペーパーは水に溶けやすいですが、瞬間的に溶けるわけではありません。数回使用してから流すなどの節水は避けて、使用するたびに流すようにしましょう。
日常的に起こるトイレのつまりの原因はほとんどが紙によるものです。シャワートイレを設置している家庭はトイレットペーパーの使用量を減らせるので、つまりにくくなる傾向があります。トイレのつまりはティッシュが引き起こすこともありますが、これは水に溶けにくい性質があるためです。非水洗トイレの場合ならティッシュを使用するのもありですが、水洗トイレではトイレットペーパー以外は流さないようにしましょう。鼻をかんだティッシュを便器に捨てるのもトイレのつまりの原因になります。
家族でトイレを使用する場合は、家族全員がトイレのつまりはティッシュで起こると知っておく必要があります。ゴミを減らす目的で自室のゴミ箱のティッシュをトイレに捨てている方は実際にいるのです。ティッシュは時間が経過してもほとんど溶けないので、つまった場合はラバーカップで吸い出したり、割り箸や火バサミなどを使用して見えているティッシュを取り除いたりして解消しましょう。
間違って水に溶けないものを捨てた場合を除いて、トイレのつまりの原因のほとんどは紙にあります。トイレットペーパーならこまめに流すのがベストで、例えばトイレ使用中にペーパーの使用量がちょっと多いかなと感じたら一度流してしまいましょう。通常は用を足してからまとめて流すものですが、ペーパーが大量にあるとつまる可能性があります。つまった場合は1~2時間ほど放置すると解消することが多く、これでダメならペーパーを取り出す、ラバーカップを使用するなどの解決方法を試してみてください。
最近は水に流せるお掃除シートや生理用品なども登場していますが、トイレットペーパーより流れにくいことは認識しておきましょう。トイレのつまりはティッシュで起こるケースも多く、この場合はペーパーを取り出す方法が確実です。水を流したときに便器の水位が高くなるようなら、排水管に異物がつまっているのかもしれません。こうした現象が頻繁に生じるようなら、業者にトイレ診断をしてもらうのが得策でしょう。

一覧はこちら

トイレ つまりランキング

TOP