トイレ つまり関連情報

HOMEトイレつまりを簡単に直す

最終更新日:2017/11/20

トイレつまりを簡単に直す

きれいなトイレ

トイレのつまりのほとんどはトイレットペーパーの大量流し込みが原因です。つまりトイレットペーパーをたくさん使用する習慣のある方ほど、トイレつまりを起こしやすいわけです。つまりを予防するためには、どの程度のペーパーを使用して流すとつまるのか知っておく必要があります。またはこまめに水を流してつまりを予防しておく方法もおすすめです。水を流すとあふれてくる場合は、2時間ほど放置してペーパーが溶けるのを待ってみましょう。そして少しずつ水を流して、うまく流れるか確認してください。
家族もトイレを使用する状況なら、割り箸でペーパーを手前にすくい上げた状態で少しずつ水を流す方法もおすすめです。一気に水量を大にすると便器からあふれてくる可能性があるので、水量を小にして少しずつ流すのです。奥までつまっている場合は割り箸では難しいので、ラバーカップを使用してください。ラバーカップの大を使用したトイレのつまりの直し方は、最もポピュラーかつ効果的です。普段から便器の横に備え付けておくのがおすすめですが、使用すると汚れてしまうのでそのつど便器内の水で洗いましょう。
真空ポンプとの違いは汚水を吸引するので汚れやすいことです。溶けにくいティッシュやペットのフンなどを流し込んでしまったときのトイレのつまりの直し方ではワイヤーが重宝します。ただワイヤーが必要になる状況は少ないため、大抵の家庭では常備しているものはラバーカップのみです。ラバーカップで解消しないつまりは、対応業者に依頼する方法が一般的です。トイレのトラブルは30分以内に駆けつけてくれる業者が多く、確実に解消できるのが魅力です。
トイレットペーパーをそれほど使っていないのにつまりが発生しやすくなった場合は、タンクからの水量が少ないケースが考えられます。当然ながら水量が少ないと流れにくくなるので、過度の節水は避けたほうがいいでしょう。トイレの水は流すときの勢いが強いのが普通ですが、これはつまりを防ぐという目的もあるのです。最新トイレは少量の水で流せるタイプが主流ですが、古いタイプのトイレで過度の節水をするとつまりやすいです。
トイレのトラブルは購入から10年くらい経過すると発生し始めるので、思い切って買い換えるのも方法の一つでしょう。節約目的で水量を抑えている場合は、水量を正常に戻しておくといいです。水量が少ないと汚れが排水管に付着し、内部からつまりを誘発することもあります。トイレのつまりの直し方を知っておくことは大切ですが、それ以上につまらせない工夫が必要となります。

一覧はこちら

トイレ つまりランキング

TOP